介護保険の請求書ソフトの特徴

subpage1

非常に便利な介護保険の請求書ソフトを導入する所が増えています。

このソフトは、アセスメントの作成から保険料の請求まで、一連のことに対応しているソフトです。

インターネットに繋がる所なら、どこからでも利用することができます。
複数のパソコンで共有することもできます。ASP型もあります。


この型ならインターネットの回線など設備費は要りません。


メンテナンスやソフトの更新などは基本的にする必要ありません。

この介護保険の請求書ソフトを導入するメリットにいったいどんなものがあるでしょうか。


例えば何かを請求する時に必要になる利用者さんについての項目が一目瞭然です。利用状況がすぐに分かります。

iemo関連の情報をたくさん掲載しています。

それからスケジュール管理をすることもできます。そのサービス費を自動的に算定する機能も便利です。

また、ケアマネージャーのシステムと連動しています。



事業所同士で情報を共有できることも大きなメリットです。


スムーズなワンストップサービスが可能です。介護保険の請求書ソフトが活躍する場としては、介護、また障碍者に関する施設、病院の訪問看護ステーションなどです。


もしソフトの利用の仕方、操作方法など分からないことがあれば、遠慮せずに電話などで問い合わせましょう。


料金は無料の所が多いです。



電話はフリーダイヤルで繋がる所が多いです。フリーダイヤルで専任オペレータがていねいに対応してくれます。
介護保険ソフトを初めて利用する方でも安心でしょう。